沢山の数でも安心|収納にはトランクルームが便利|目的別の有効活用方法
女の人

収納にはトランクルームが便利|目的別の有効活用方法

沢山の数でも安心

男の人

倉庫によって異なる料金の相場

製造業者が製品や部品を保管したり、通販業者が在庫を保管する場合には、物流倉庫の活用が便利である。特に在庫の多い時に機動的に借りることができる倉庫は非常に便利であろう。また物流倉庫は立地するエリアによってその料金が大きく異なるのが特徴である。その料金は坪当たりの単価で比較することが可能であり、大都市中心部であれば1坪当たり5000円前後の料金が一般的である。しかし郊外であれば、月々の坪当たりの料金が3000円台のケースが多いであろう。そのためにコストを重視する場合には、郊外の物流倉庫を活用するべきである。また冷蔵や冷凍品の保管の場合には特別な倉庫が必要になるので、通常の料金よりも割高になるであろう。

保管や発送の料金体系の特徴

最近では単に商品保管で物流倉庫を活用する以外にも、様々なオプションサービスを利用するのがトレンドである。特に発送業務のアウトソーシングサービスも利用する企業が増加傾向である。その場合には通常の保管料金以外にも、発送代行料金も支払う必要があり、オプション料金の安さにも注目して倉庫を選ぶべきである。特に商品を発送する場合には梱包作業を委託するのが一般的であり、その場合には商品1個当たり200円前後が相場であろう。また発送費用も必要になるので、商品1個当たりのトータルコストは700円前後であろう。しかし自社内で作業を行うとさらに割高になるので、物流倉庫業者のアウトソーシングサービスの活用で、大幅なコストカットが実現可能であろう。

Copyright © 2017 収納にはトランクルームが便利|目的別の有効活用方法 All Rights Reserved.